草取りで庭の荒れを解消しませんか│質の良い植物育成

女の人

有効活用をする

植物

庭を有効活用する方法の一種でガーデニングがあります。ただ花を植えるということだけでなく、野菜を植えることもあります。ガーデニングの準備は今ではネット通販でも行えるので、誰もが植物や野菜を育てる事ができます。

詳細へ

育て方と優位性

園芸

野菜苗はこう育てる

野菜苗は購入する場合選べるので、樹勢のよい葉の色が濃いものを選ぶと良いです。 発売される時期はおおよそ見当がつきますが、発売日については店員さんに聞いたり、販売開始の告知がなされているので、利用しましょう。 またインターネットでも野菜苗は販売されていて、段ボールに詰められて配送されてきます。多くの場合2,3日経っているのでしなびていたりします。その点にも配慮して購入しましょう。 ビニールシートで土を覆ったり、たまに草取りをしたり、それに加えてワラで苗を覆うと、水分の蒸発をふせぎ、地温も上昇します。苗の生長もよくなり、たくさん実をつけるのでおすすめです。 トマトなどは風で茎がおれたりするのでしっかりと支柱をたてて誘引しましょう。 土は何日も前に良く耕しておきます。多くの野菜は酸性を嫌うので、草取りや石灰や肥料を混ぜて耕しておくとよく育ちます。

苗の方が有利である

野菜苗は発芽して10cm〜20cmに成長した栽培用の野菜の苗です。キュウリやなす、ピーマン、シシトウ、さつまいも、イチゴ、かぼちゃ、トマトなどがホームセンターで販売されています。 これらはかなりの高確率で実をつけることができるため、家の庭先やレンタルの畑などで栽培をする人たちに人気です。 種から育てると発芽しないことや小さいうちに枯れてしまったり、雨で流されたりと実をつけるまでが難しいです。しかし野菜苗を使えば、苗を専門に販売している業者が失敗しない程度まで育てています。後は土に植えるだけの段階なので初心者には大変おすすめです。 野菜には育つ季節があります。野菜苗は成長する時期にしか販売されません。しかも種の場合は時期が遅れがちですが、野菜苗は多くの場合ビニールハウスで育てているので、適正な時期より早く栽培が始められます。

園芸に便利なサービス

庭

ガーデニングを始める人が増えるにつれて、ガーデニングに関するサービスも豊富になってきました。また最近ではガーデニングが趣味ではない人でも、ディーズガーデンを利用する人が増えてきています。

詳細へ

綺麗な庭造り

如雨露と花

住宅に庭が付いていると綺麗に見せるためにとガーデニングを始めることがあります。花をただ育てる、または苗を植えるだけでなくアーチを作って外国風な庭作りをするという人も大勢います。

詳細へ